投稿

やんばるの森を「真の世界遺産」に:防衛省・環境省との「意見交換」の報告

イメージ
9月21日、辺野古・高江を守ろう!NGOネットワーク等の市民団体は、福島瑞穂参議院議員事務所の協力を得て、ユネスコ世界遺産となったやんばるの森(遺産登録名称は「沖縄島北部」)について環境省と防衛省と「意見交換」を行った。( 国際環境NGO FoE Japanのサイトを参照 ) 蝶類研究家で返還地の米軍廃棄物の問題に取り組んできた宮城秋乃さんや、私(吉川秀樹)もOkinawa Environmental Justice Projectの代表として沖縄からオンラインで参加した。まずこの「意見交換」の場を可能にした辺野古・高江NGOネットワークと福島議員事務所に感謝を申し上げたい。また対応してもらった環境省と防衛省の職員にも感謝したい。 オンライン集会と「意見交換」の視聴は こちらをクリック 今回の「意見交換」はやんばるの森が世界遺産に登録されて初めての政府とのやり取りであった。いろいろなことが確認できたと思う。 もちろん防衛省や環境省の回答はこれまでと変わらないところも多く、納得できるものではなかった。しかしユネスコ世界遺産登録はやはり重く、きちんとした対応をしないといけないという態度が少なくとも環境省の方からは感じられた。 沖縄における米軍基地の集中や訓練を「日米地位協定」をもって正当化してきた防衛省と、世界遺産条約という国際条約を守らなければならない環境省。その二つの省の立場とrapture (不和)が垣間見られた「意見交換」でもあった。 やんばるの森の世界自然遺産登録は、地位協定と世界遺産条約を必然的に向かい合わせながら、端的かつ根本的な問いを日米政府に突きつけている。「なぜわざわざ世界遺産のあるところで軍事訓練をしなければならないのか」。その問いをさまざまなチャンネルや枠組みを通して追求することが、やんばるの森を軍事訓練のない「真の世界遺産」にしていく鍵となる。 今回の「意見交換」はその「真の世界遺産」にしていく取り組みの第一歩であり、NGOとして世界遺産登録後のやんばるの森の保全の状況と北部訓練場の影響をIUCNに報告するための情報収集の第一歩でもあった。 ということでOkinawa Environmental Justice Projectとしての「意見交換」の内容報告は以下の通り。(防衛省と環境省に提出していた事前質問は こちらのリンクから )なお、宮城秋

Henoko-Oura Bay Symposium 2021: Fragile Seafloor and HOPE SPOT

イメージ
As the Okinawa prefectural government was finalizing its pivotal decision regarding the Okinawa Defense Bureau's application for changes in construction design and work for the Henoko base construction, it held an online symposium, "Henoko-Oura Bay Symposium 2021," on September 11, 2021.  Watch the Symposium (in Japanese) The symposium featured two keynote speakers, three panelists, and a poised and inspiring video message from Dr. Sylvia Earle, a renowned marine biologist, oceanographer, and the founder of Mission Blue, a U.S.-based conservation NGO.  It deliberated upon two themes: the issues of the fragile seafloor at the construction site and the need for the conservation of the environment of Henoko-Oura Bay designated as a "HOPE SPOT." The symposium highlighted the recklessness of the Japanese government pushing the Henoko project. And it challenged the Japanese and U.S. governments' insistence that "Henoko is the only solution" to the reloca

やんばるの森の世界遺産登録についての声明/OEJP's Statement on UNESCO's Decision to Inscribe the Yambaru Forest to UNESCO World Heritage List

イメージ
The original English version is below the Japanese translation. 2021年7月26日、ユネスコ世界遺産委員会は、沖縄本島北部 (やんばるの森)を、奄美大島、徳之島、西表島とともに 世界遺産に登録した 。Okinawa Environmental Justice Projectは、このユネスコの判断を、歓迎、遺憾、そして新たな決意をもって受け止めている。 まずOEJPはユネスコの遺産登録の判断を歓迎する。なぜなら、OEJPは市民社会のメンバーとともに、やんばるの森の世界遺産登録を目指してこれまで取り組んできたからだ。その取り組みにおいて、米軍北部訓練場と「返還地」の問題についてユネスコ世界遺産の諮問機関である IUCN(国際自然保護連合)に注目させる こともできた。その結果、環境省がIUCNに提出した2019年の推薦書において、 北部訓練場と返還地の問題を扱う枠組み (p242-3)が示された。 しかしOEJPは、 ユネスコ世界遺産の登録文書 において北部訓練場と「返還地」の問題が言及されなかったことについては遺憾の意を示したい。これらの問題は登録文書で言及されないにはあまりにも重要な問題である。 最後にOEJPは、ユネスコ世界遺産委員会の登録文書の要求に基づき日本政府が「世界遺産地の保護と管理のための早急な措置」についての報告書をIUCNに提出する際に(2022年12月まで)(p.9)、北部訓練場と返還地の問題を再度、IUCNとユネスコに提示することを表明する。 やんばるの森が世界遺産に登録されたことにより、やんばるの森と北部訓練場がより厳しい国際的監視のもとに置かれることになった。やんばるの森が真の世界遺産となるよう、これからも、地域住民グループ、環境NGO、市民団体とともに、OEJPは、IUCNやユネスコ、そして日米政府に働きかけていく。 English Version  (Original) On July 26, 2021, the UNESCO World Heritage Committee inscribed the Northern Part of Okinawa Island (Yambaru forest), along with Amami-Oshima Island, Toku

39 Civil Society Groups ask the UNESCO World Heritage Committee to Address the Issues of U.S. Military Training Area in its World Heritage Inscription of the Yambaru Forest

イメージ
Press Release With the 44th UNESCO World Heritage Committee Meeting in progress, on July 18, 2021, a group of 39 local community groups, NGOs, and civil society organizations sent the UNESCO World Heritage (WH) Committee Members a letter of request regarding the nomination of the Northern Part of Okinawa Island (NPOI), Okinawa, Japan for World Natural Heritage inscription.    The group asks the UNESCO WH Committee to follow the IUCN World Heritage Programme's recommendation to inscribe the NPOI as a World Natural Heritage site at the meeting. The group urges, however, that the Committee "include [in its inscription document] effective language to address the issues of the U.S. Military's Northern Training Area (NTA) located next to the NPOI and the "returned land" of the former NTA now incorporated into the nominated site."  The letter describes the issues of the boundary between the U.S. military's NTA and the WH nominated site, the impacts of the milit

39の地域住民グループ、NGO、市民団体でユネスコ世界遺産委員会へ書簡/要望書を提出!

イメージ
第44回ユネスコ世界遺産委員会会議が中国、福建省福州で開催(7月16日〜31日)されていますが、7月18日に39の地域住民グループ、NGO、市民団体の連名で、世界遺産委員会会議の議長をはじめ、委員国である21カ国のユネスコ大使および各国委員長に書簡/要望書を送りました。賛同募集期間が一週間もない中、賛同を寄せて頂いた地域住民グループ、NGO、市民団体のみなさん、そして賛同を呼びかけて頂いたみなさんに心から感謝を申し上げます。 「やんばるの森を真の世界遺産に」の理念のもと、ユネスコ世界遺産委員会の遺産登録文書において、米軍北部訓練場や返還地の問題とその解決策に関する明確な言及を求めたのが今回の書簡/要望書です。 ユネスコ憲章 は、反戦平和、人権の尊重、そして自由、平等、公正、法の支配による世界をつくろうと謳っています。 ユネスコ世界遺産の制度 はそのような世界をつくるための手段として位置付けられています。「やんばるの森を真の世界遺産に」という私たちの理念や取り組みはユネスコ憲章や世界遺産条約と合致するものだとOEJPは考えます。そして今回の書簡/要望書の提出は、平和、人権、環境が守られる世界をつくるための、私たちの役割を果たしていくための新たな一歩だと考えます。 もちろん今回の書簡/要望書が会議のなかでどのように扱われるかは未知数です。通常であれば会議に市民社会も参加しロビーイングを行うこともできるのですが、会議自体がオンラインなのでそれが難しい状況です。やんばるの森、奄美大島、徳之島、西表島の審査が行われるのは26日だと報道されています。それでOEJPは、ユネスコ世界遺産委員会が私たちの書簡/要望書に注目するように、今後1週間、海外メディアへの働きかけを行っていきます。みなさんにもSNS等で情報発信にご協力して頂きたいと思います。 改めて、書簡/要望書へ賛同を寄せて頂いた地域住民グループ、NGO、市民団体のみなさん、そして賛同を呼びかけて頂いたみなさんに心から感謝を申し上げます。ありがとうございました。これからもよろしくお願いします。 Okinawa Environmental Justice Project 吉川秀樹 ユネスコ世界遺産委員会への書簡/要望書(議長宛)原文 ユネスコ世界遺産委員会への書簡/要望書(議長宛)和訳 Figure 1 & 2 Ap

Join our letter to the UNESCO World Heritage Committee!: Let's make the Yambaru forest a truly Outstanding Natural Wonder

イメージ
このポストの日本語版は ここをクリック 。 With excitement and anticipation, the 44th UNESCO World Heritage Committee meeting will begin on July 16 and continue until July 31 in Fuzhou, Fujian Province, China. The meeting will decide whether the islands of Amami-Oshima, Tokunoshima, Iriomote, and the Northern Part of Okinawa Island will be inscribed as UNESCO World Natural Heritage sites. The IUCN World Heritage Programme has recommended that they be inscribed as such. We hope all these sites will become World Heritage sites.  Image Source: UNESCO World Heritage Committee We know that some are not satisfied with how the IUCN World Heritage Evaluations 2020 and 2021   evaluated the Northern Part of Okinawa Island. The document lacks language to address the compounding issues of the U.S. military's Northern Training Area and the "returned land" (former NTA land) now incorporated into the nominated site. Therefore, some equate the inscription of the NPOI as a World Heritage site with the UNESCO

やんばるの森を真の世界遺産へ:ユネスコ世界遺産委員会への働きかけ、賛同グループ、団体の募集!

イメージ
For the English version of this post, please click here . 第44回ユネスコ世界遺産委員会の会議 が7月16日から31日まで中国、福建省の福州市で開催されます。 この会議では、奄美大島、徳之島、西表島、そして沖縄島北部(やんばるの森)が世界自然遺産に登録されるかが決定されます。ユネスコの諮問機関であるIUCN世界遺産プログラムは、これら全てを世界遺産に登録するように勧告しています。OEJPとしても世界遺産に登録されることを願っています。 Image Source: UNESCO World Heritage Committee 今回のIUCN世界遺産プログラムによるやんばるの森に評価に納得がいかない人は多いでしょう。 IUCNの評価書 IUCN World Heritage Evaluations 2020 and 2021 は、北部訓練場の問題や候補地内の「返還地」の問題に言及していません。このまま世界遺産に登録されれば、やんばるの森が直面する問題を、ユネスコは無視した、あるいは容認したことになると考える人もいると思います。 しかしOEJPは、今回のユネスコ世界遺産会議を、やんばるの森を真の世界遺産にするための重要な一つの過程であり、機会だと考えています。 そこでOEJPは、ユネスコ世界遺産委員会に対して、1) やんばるの森が直面する問題を認識し、2) その問題解決に向かうために必要な文言を登録文書に記載することを求める、書簡を作成しました。この書簡をユネスコ世界遺産委員会に7月16日に提出します。 OEJPは、地域住民グループ、NGO、そして市民社会団体/組織に、この書簡への賛同を呼びかけています。もし賛同して頂けるのであれば、7月15日までに、OEJPの代表である吉川秀樹のEメールまで(yhidekiy@gmail.com)以下の情報を送って頂ければと思います。 1) グループ、団体の名称 (英語名があれば英語名。なければローマ字表記) 2) 代表者の名前 3) 連絡先 (グループ、団体のEメールアドレスか、代表のEメーメルアドレス) ユネスコ世界遺産委員会に送付する書簡(英語原文、和訳)、図1&2、資料は下にあります。 やんばるの森を真の世界遺産にしていきましょう! よろしくお願いします。 Ok